HOME » 図書・機器の貸し出し » 機器リスト » 30-7 北川式真空法ガス採取器

30-7 北川式真空法ガス採取器

北川式真空法ガス採取器

使用方法

  1. 検知管の両端をチップカッタで折り取ります。
  2. ガス採取器に検知管を取り付けます。通気方向が決まっておりますので、正しく差し込んでください。
  3. ボトムケースの赤線とシャフトの赤線をあわせ、ハンドルを一気にいっぱいまで引くとシャフトがロックされます。
  4. 一定時間ガスを採取し、フローインジケータで採取の終了を確認します。
  5. 採取終了後、ハンドルを右又は左に90度まわすとロックがはずれますので、ハンドルを戻します。その際、シャフトが戻らないことを確認します(3ml以内の戻りは許容範囲です)。
  6. 検知管を取り外して濃度を読み取ります。
    必要により補正表又は補正係数により補正します。
    先端の変色がナナメの場合、一番短いところと長いところの中間で読み取ります。
    変色が淡い場合は、変色の先端で読み取ってください。

注意事項

  • 労災疾病等研究普及サイト
  • こころの耳
  • 明るい職場応援団
  • 治療と仕事の両立支援.png
  • 1_banner_458-86.jpg

独立行政法人労働者健康安全機構

青森産業保健総合支援センター

〒030-0862

青森県青森市古川2-20-3

朝日生命青森ビル8階

 ⇒ 案内図等はこちら

TEL 017(731)3661

FAX 017(731)3660

メニュー 上部へ