HOME » 相談事例 » 健康確保関係 » (3)教育

(3)教育

2-(3)-5
AEDの設置について、取扱いと救命方法などを調べていますが、資料等があれば教えてください。
青森消防本部においてAEDの使用方法など「救命講習会」を定期的に実施していますので、詳細は青森消防本部HPでご確認ください。
また、数量はわずかですが、当センターにパンフレット「AEDを使った心肺蘇生法を身につけましょう」や「防げる、治せる、心臓病。予防編」、「あなたの心臓はだいじょうぶ?」などがありますので、ご希望の際は電話・FAX・メール等でご連絡ください。
2-(3)-4
当社で知的障害者の方を雇用する予定としていますが、この方々に問題なく快適に働いていただくため、事前に管理監督者を対象とした雇入時留意点の勉強を行うこととしています。参考になる資料等があれば教えてください。
プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドラインの概要」というパンフレットが活用できると思います。
このパンフレットは、「プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドライン」の内容をより簡潔にまとめたものであり、厚生労働省ホームページにPDFファイルで掲載されております。
目次(63KB) ●本文1~9P(677KB) ●10~15P(573KB) ●16~24P(314KB)
25~28P(158KB) ●29~34P(192KB) ●添付資料(235KB)

また、当パンフレット8頁に記載されている「こころのバリアフリー宣言」についても、厚生労働省ホームページで確認することができます。
2-(3)-3
中災防で実施している「THPデモンストレーション事業」について、青森県内でのサービス実施機関を教えてください。
青森県内のTHPサービス機関は4箇所あります。
こちらからご確認いただけます。
2-(3)-2
飲酒についての指導を行おうと考えていますが、注意点などはありますか?

無理な飲み方をしないこと、ほろ酔い気分でやめること、週に2日はアルコールと無縁の日を作ること、などがあげられます。
アルコールは、少量では精神安定、血液循環の改善などが認められますが、多量では興奮作用、幻覚作用などを起こす場合もあります。


社団法人アルコール健康医学協会のホームページに掲載されている「適正飲酒の10か条」が参考になるのではないでしょうか。
また、「酒は百薬の長、過ぎれば百厄の長」であることを忘れないようにしましょう。

2-(3)-1
メンタルヘルス対策としてラインケア研修を実施したいが、良い方法はありませんか?

ラインによるケア(=管理監督者等)の研修は、当センターで行っておりますメンタルヘルス関連の研修会(受講料無料)が最適ではないでしょうか。一例をご案内しますと、
平成19年5月16日(八戸市) ここから始めよう「職場のメンタルヘルス」
平成19年6月26日(青森市) カウンセリングによる人間的アプローチと援助について
平成19年7月 9日(青森市) 職場のストレスマネジメント
等がございます。詳細はこちら


また、当センターではメンタルヘルス関連のビデオも多数取り揃えております(貸出無料)ので、是非ご利用ください。詳細はこちら
なお、中央労働災害防止協会で行っております事業「 メンタルヘルス対策支援事業」もご活用いただけるものと思います。
そのほか、当センターにはメンタルヘルス担当の相談員もおりますので、ご質問・ご相談等がございましたらお気軽にご連絡ください。相談は無料です。

  • 労災疾病等研究普及サイト
  • こころの耳
  • 明るい職場応援団

独立行政法人 労働者健康安全機構

青森産業保健総合支援センター
〒030-0862
青森市古川2-20-3
朝日生命青森ビル8階
TEL 017-731-3661
FAX 017-731-3660

メニュー 上部へ