HOME » 図書・機器の貸し出し » 機器リスト » 30-41 普通騒音計(30-42と共通)

30-41 普通騒音計(30-42と共通)

普通騒音計

使用方法

  1. 表面の右下にあるPOWERキーを約1秒間押して測定画面にします。
  2. 通常騒音レベルを測定するときはA/C/FLATキーを押してA特性にします。
  3. 通常は、Fast/SlowキーでFastに設定します。
  4. Level Rangeキーでレベルレンジを設定します。バーグラフの表示が中央付近を指示するように設定してください。
  5. レベル表示の読み値が騒音レベルとなります。

防風スクリーンについて

風のある屋外や換気装置の騒音測定ではマイクロホンに風があたり、風雑音が発生する場合がありますが、防風スクリーン(先端についている丸いスポンジ状のもの)を取り付けることで風雑音を軽減することができます。

暗い場所での測定について

Lightキーを押すと液晶画面のバックライトが点灯し、暗い場所での表示が見やすくなります。

再度Lightキーを押すと消灯します。

注意事項

  • 労災疾病等研究普及サイト
  • こころの耳
  • 明るい職場応援団
  • 治療と仕事の両立支援.png
  • 1_banner_458-86.jpg

独立行政法人労働者健康安全機構

青森産業保健総合支援センター

〒030-0862

青森県青森市古川2-20-3

朝日生命青森ビル8階

 ⇒ 案内図等はこちら

TEL 017(731)3661

FAX 017(731)3660

メニュー 上部へ