HOME » 治療と職業生活の両立支援

治療と職業生活の両立支援

 近年の医療の発達に伴い、かつては「不治の病」とされてきた病も「長く付き合う病気」に変化しつつあり、病気になっても仕事を辞めずに働き続けることができるようになってきました。

 その一方で、脳・心臓疾患につながるリスクのある血圧や血中脂質などの有所見率は年々増加しており、疾病のリスクを抱える労働者も増加傾向にあります。疾病を抱えた労働者の治療と職業生活の両立への対応は、企業が取り組むべき課題の1つなのです。

 青森産業保健総合支援センターでは、以下のとおり治療と職業生活の両立に関する支援を行っています。ぜひ、ご活用ください。

支援内容

・両立支援に関する相談

 患者(労働者)に係る健康管理、就業上の配慮事項、両立支援を行うための職場環境整備等に関する相談をお受けします。

・個別訪問支援

 治療と職業生活の両立支援制度導入を希望する事業者からの依頼に応じて、事業場を訪問し、両立支援のための企業内の体制づくりや両立支援の進め方などについて助言します。

 また、管理監督者や労働者を対象とした治療と職業生活の両立に関する意識啓発教育を実施します。

・個別調整支援

 事業場と患者(労働者)の間の仕事と治療の両立に関する調整支援を行い、就業上の措置に対する助言や両立支援プラン及び職場復職支援プラン策定の支援を実施します。(支援の実施に当たっては、ご本人より同意書の提出が必要となります)

・治療と職業生活の両立支援に係る啓発セミナーの実施

 事業者、人事労務担当者、産業保健スタッフを対象に、平成28年2月に厚生労働省が作成した「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」に関する啓発セミナーを実施します。

※ お申し込みの際はこちらの用紙にご記入の上、FAXにて送付ください。

両立支援促進員

 福原 智子(労働衛生コンサルタント)

 長瀬 比佐子(保健師)

 菅原 映子(保健師)

両立支援相談窓口のご案内

 青森労災病院に両立支援相談窓口を開設しています。

  開設日  月~金(祝祭日除く)

  時 間  8:15~12:15

  場 所  1階 両立支援相談窓口(治療就労両立支援部内)

       (八戸市大字白銀町字南ヶ丘1番地)

  TEL  0178-33-1551(内線2293)

  ※ 詳しくはこちらをご覧ください。 

青森県地域両立支援推進チームのご紹介

 県内の実情に応じた治療と職業生活の両立支援を効果的に進めるため、平成29年12月8日に結成されました。

【構成員名簿(順不同)】 

・青森労働局 労働基準部健康安全課(事務局)

       職業安定部職業安定課

       雇用環境・均等室

・(一社)青森県経営者協会

・(一社)青森県労働基準協会

・日本労働組合総連合会青森県連合会(連合青森)

・(公社)青森県医師会

・青森県健康福祉部がん・生活習慣病対策課

・青森県立中央病院医療連携部

・青森県社会保険労務士会

・(公社)日本医療社会福祉協会

・(一社)日本産業カウンセラー協会

・特定非営利活動法人日本キャリア開発協会

・(独)労働者健康安全機構青森労災病院

・(独)労働者健康安全機構青森産業保健総合支援センター

  • 労災疾病等研究普及サイト
  • こころの耳
  • 明るい職場応援団
  • 治療と仕事の両立支援.png

独立行政法人 労働者健康安全機構

青森産業保健総合支援センター
〒030-0862
青森市古川2-20-3
朝日生命青森ビル8階
TEL 017-731-3661
FAX 017-731-3660

メニュー 上部へ